望み通りの髪形にするために

どんなトラブルが起こりやすいのか

きちんと希望を説明しよう

希望の髪形を丁寧に伝えていないと、美容師に伝わりません。
その結果、全くイメージと違う髪形になったというトラブルが増えているので気をつけてください。
美容室でヘアスタイルを変える時は、必ずお金が発生します。
ヘアスタイルを整えるだけでも、5000円ぐらいは掛かります。
失敗すると、お金が無駄になると理解しておきましょう。

きちんと細かく希望のヘアスタイルを伝えることで、このようなトラブルは防止できます。
言葉でだけ説明するのは難しいので、モデルの写真を持って行くと良いでしょう。
写真を見せて、同じような髪形にしてほしいと伝えると、美容師はすぐに理解してくれるはずです。
お手本になるような写真を見つけてから、美容室に行きましょう。

ベテランの美容師に任せよう

専門学校を卒業して間もない頃の新人では、こちらが希望したヘアスタイルを上手く作れないかもしれません。
特に難しいヘアスタイルをはまだできないので、ベテランに担当してもらいましょう。
経験が豊富なベテランなら、どんなヘアスタイルでも作れます。
勝手に美容室側が担当する美容師を決めるスタイルのお店では、新人に任される可能性があります。

するとヘアスタイルを作るのに失敗したというトラブルが起こるので、ベテランを自分で選択できるスタイルの美容室がおすすめです。
美容室によっては、美容師を選択すると指名料金が発生する場合があります。
ですが指名料金を惜しんで、新人に担当されて失敗するぐらいなら指名料金を支払った方が良いでしょう。


TOPへ戻る